入学してからすぐ活用

履修登録とは、受講する授業科目を自ら選択し、大学側に自主申告することです。履修登録(授業の選択申込)からパソコンは使用します。大学内でのネットワークへの繋ぎ方や学内メールの設定なども準備も大丈夫ですか…?

大学の講義もオンラインが定着

対面授業では黒板やモニターに映し出された内容をその場で入力、WEB講義では配布された資料(PDF)をパソコンのフォルダーに整理、聞いた授業内容を加えてまとめる。
授業もレポート作成もパソコンが頼り! オンラインの講義も聴くだけではなく双方向で応答したり、オンライン上でのテストも行われたりします。

授業の課題やレポートに

授業の課題やレポートもパソコンを使って作成します。
1年生からレポート作成も始まるので、入学までに準備する必要があります。講義動画の視聴やオンライン授業・ゼミへの参加など、大学でのオンライン教育にあった性能と使い勝手の良い「自分専用」のパソコンを入学時に準備しましょう。

研究・論文・発表

上回生になるとパソコン活用の場面が増えていきます。
実験や研究のデータ整理、統計・解析などにパソコンは不可欠。あらゆる学部で論文作成や発表になくてはならないものです。
プレゼンはパワーポイントで。聞き手に伝わりやすいようにポイントを絞ってグラフや写真、文字の色、サイズを変えて視覚的にも訴えるように!図表はエクセルで作成、ソフトで思い通りに作れると楽しい。就職後も役立つスキルを磨けます。

自分の視野や可能性を広げるツール

勉学だけでなく、サークルや趣味、情報発信、語学学習や資格取得など、パソコンにできることは無限。自分にとって新しい世界を開くドアともいえます。

就職活動にもパソコンが活躍

「エントリーシート」の提出や「各種セミナー」、「会社説明会」などの予約はこれまでもパソコンを使って行われていました。
コロナ禍になって以降は「セミナー」や「企業説明会」や「面接」までもオンラインで実施されるようになっています。

自分専用のパソコンが必要

家族共用のパソコンや大学備え付けのパソコンは、使いたい時にいつでも使えるわけではありません。
パソコンは通学途中や授業の合間など、空いた時間にいつでも使えることが重要です。

ご注文はこちら
TOP