パソコンの準備
〜阪南大学は令和4年度入学生からノートパソコンが必携(BYOD)となります〜

令和4年度新入生からの「ノートパソコン必携(BYOD)」って

【重要】令和4年度入学生からノートパソコンが必携(BYOD)となります。

阪南大学では、パソコンを活用した授業の充実を目指すため、令和4年度入学生からBYODを導入いたします。
BYOD導入により令和は4年度入学生は、ノートパソコンが必携となります。

●BYOD(Bring Your Own Device)とは...
個人のノートパソコンを学校や職場に持ち込み活用することです。
個人専用のパソコンであるため、自由にカスタマイズすることが可能で、自宅で予習したしたものをそのまま大学の授業に活用できる等メリットが多く、数多くの大学が導入しています。

新入生のみなさまへ

BYOD導入の経緯

 阪南大学ではこれまでも全学生に対して情報処理教育を行ってまいりましたが、近い将来到来が予想されるSociety5.0社会に対応する人材を育成すべく、2020年度入学生から全学生対象のAI・データサイエンス教育プログラムを実施しています。このようなAI・データサイエンス教育では、スマートフォンやタブレットでは処理できないような「ビッグデータ」や「プログラム」を扱うことも多くなります。

 また新型コロナウイルス感染拡大以降、大学では従来の対面型授業だけではなく、オンラインによるリモート型授業が日常的に行われるようになっていますが、文部科学省はリモート授業に置いて「双方向性」があることを一つの基準としており、スマートフォンやタブレットでこれを実現するのは非常に困難と言わざるを得ません。

このような状況を鑑み、このたび阪南大学においても、個人のノートパソコン持ち込みによるBYODを導入することにいたしました。次世代を担う人材育成のためにも2022年度入学生からBYODを実施し、学生一人ひとりが自分の専用パソコンを持って時間の制限を受けることなく常に学べる環境を作りたいを考えています。

 本学ではすでに全学生がMicrosoftのWord、Excelをはじめとする「Microsoft365」を無償で利用可能ですが、2022年度より、最新のクラウド機能も利用することができるようにICT環境を整備していきます。さらに本格的なプログラミングや高度な処理等をする場合は、自分のパソコンからリモート操作で学内の高性能なパソコン環境に接続し、これを利用することも可能となります。

 次世代型実学教育を実現する阪南大学の取り組みについてぜひご理解いただき、入学にあたっては、必ずノートパソコンの準備をよろしくお願いします。

阪南大学長 田上 博司
引用元URL https://www.hannan-u.ac.jp/entrance/information/2021/copy_of_copy_of_copy_of_20201019.html

ノートパソコン必携 BYODとは

『失敗しないためのパソコン購入ガイド』
画像をクリックください。(PDF版24.3MB)

失敗しないためのパソコン購入ガイド

阪南大生のための新入生応援サイトTOPへ戻る

TOP